Jackson,ジャクソンを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。Jackson,ジャクソンの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ
Jackson,ジャクソンの買取画像

 


モノリサイクル楽器買取専門店 Jackson,ジャクソンの買取


ジャクソンJackson Guitars)はアメリカの楽器メーカーで、グローヴァー・ジャクソンによって創設された。

1980年代、ジャクソンはフェンダーのプレイアビリティとギブソンのサウンドを両立、多くの先進的な機能、そして独自の鋭利な意匠で、特にハードロックヘヴィメタルの分野でその人気を拡大する。一時期はジャズ・フュージョンの分野でもギタリストから好まれた。2002年秋よりフェンダー社の傘下、フェンダー社の工場内で製造をしている。
 
 
ジャクソン・ブランドが成立する以前、シャーベル社のクラフトマンだったグローヴァー・ジャクソンがランディ・ローズ本人のアイデアを元にカスタムギターを制作。出来上がったギターは旧来のシャーベル製ギターとは掛け離れたイメージのものだったため、「ジャクソン」のロゴを入れる事とした。このギターに盛り込まれた特徴が80年代当時のLAメタルの隆盛等を背景にブレイク、世界のトップブランドとしての仲間入りをし、大きな成功に繋がる。
80年代~90年代にはジェフ・ベックやロビン・クロスビー、デイヴ・ムステイン、マーティー・フリードマン、アミア・デラク、スコット・イアン、ダグ・アルドリッチ等、数多くのギタリストに愛用された。現在でも数多くのハードロック/ヘヴィメタル系のギタリストを中心に愛用され続けており、特にデフ・レパードのフィル・コリンはかなり長年に渡りジャクソンを使い続けている。日本国内においても往年の時代ほどではないにせよ、ギターとしての高い完成度や高品質、更には高い演奏性からプロ・アマやジャンルを問わず現在においてもジャクソンを長年使い続けるギタリストの数は決して少なくはない。特にスタジオ・ミュージシャンの間では人気の高いブランドの一つであり、ジャンルを問わず愛用者も多い。

シャーベルブランドとの関係[編集]

創設者のグローバー・ジャクソンは1978年に破産寸前となっていたシャーベル社を買い取った。当初はジャクソンがスルーネックやコンコルドヘッドをはじめとする先進的なデザインのモデル、シャーベルがボルトオンネックのストラトキャスター派生モデルという棲み分けがなされていたが、80年代中頃に共和商会が代理店業務を本格的に開始し、日本製モデルの生産が開始されるとその区別は明確でなくなっていく。当時、日本国内においてシャーベルブランドで、コンコルドヘッド、フェンダーヘッド双方のモデルがラインナップされていた。その後、日本ではシャーベルブランドの比較的廉価なモデルが発売されたこともあり、事実上「シャーベル」はジャクソンの下位ブランド的な扱いとされた時期もあったが、本来はジャクソンとシャーベルとでブランド間の上下関係はない。80年代にジャクソンを愛用したハードロック/ヘヴィメタル系のギタリストは枚挙に暇がないが、シャーベルを使用したギタリストも、ウォーレン・デ・マルティーニ、アラン・ホールズワース、ヴィヴィアン・キャンベル、ジェイク・E・リー、ゲイリー・ムーアなど多数いる。
 
ジャクソンが開発したものはコンコルド・ヘッドとコニカル・フィンガーボード、ディンキーボディ、スカーフジョイントなどである。これらはエレクトリックギターの世界では画期的なデザインとして一般ユーザー及びプロギタリストから高い評価を獲得し、多くのギターメーカーに模倣されている。
コニカル・フィンガーボードは中でも特徴的でヘッドからボディへ向けてネックが円錐状に削られているというもの。結果的に、当時の他社製品に比較して薄いネックになっており、指板はいわゆるコンパウンドレイディアスとなっている。プレイアビリティに影響するこのようなデザインは非常に独創的であった。スルーネックモデルが多いのも特徴。スルーネックの恩恵により、すぐれたサステインが得られ、これもハードロック/ヘヴィメタル界に受け入れられた要因と思われる。
ポプラ材を積極的に使用したり、独自のピックアップを開発するなど、当時はメーカーの独自性が高かったが、最近ではアルダー材を採用したり、セイモア・ダンカン製のピックアップを使用するなど、ジャクソンならではの独自性が薄れつつある。
 

  • Randy Rhoads (RR) - 左右非対称で鋭角的な"V"シェイプ。ランディ・ローズ自身のデザインに基づいて開発された。
  • Soloist (SL) - ストラトキャスターを現代的にアレンジしたモデル(en:Superstrat)の草分けである。初期のものではジェフ・ベックの為に製作されたシングルコイルピックアップのみのものが有名だが, S-S-HもしくはH-Hのハムバッキングピックアップ搭載モデルが主流である。スルーネック構造。
  • Dinky (DK) - Soloistとほぼ同様の外観を具えるが, ボルトオンネック構造である。
  • King V (KV) - 左右対称で鋭角的な"V"シェイプ。ラットのロビン・クロスビー(大柄な体から"キング"の愛称があった)の為にデザインされた。
  • Kelly (KE) - ギブソン・エクスプローラーに基づき、曲線美を取り入れつつもより鋭角的にアレンジしたモデル。
  • ケリースター: 現行のケリーと良く似た形状で、ボディ下部形状はRRVによく似ており、ネック側上部は現行のケリーの形状をそのまま踏襲。
  • Y2KV: デイヴ・ムステインのために特注で作られた。King Vに似ているがボディウィングの先端が丸みを帯びた形状となっているのが特徴。2000年に初号機が作られ2002年で生産完了。
  • ファイヤーバード: ロビン・クロスビーのために特注で作られた。ギブソン社のファイヤーバードギターのボディ形状をベースにジャクソンのネックとコンコルドヘッドを組み合わせた形状が特徴。これまでに約50本ほどが作られたがギブソン社とのパテントの関係から製造を中止。非常に希少な機体なうえ人気の高いギターで現在プレミア付きでかなりの高値で取引されている。

 
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 
 
 

ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像