Orange,オレンジを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。Orange,オレンジの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ
Orange,オレンジの買取画像

 


モノリサイクル楽器買取専門店 Orange,オレンジの買取


オレンジ (Orange Music Electronic Company) はイギリスエレクトリックギター用、PA用アンプの製造会社。特徴的な、明るいオレンジの素材でキャビネットを覆っていることで有名。
 

オレンジは1968年にロンドンでクリフォード・クーパーにより設立された。オレンジアンプとPAはここで製造された。当初はレコーディングスタジオとして始まり、ジョー・ミーク (Joe Meek)が彼のバンド「ミリオネアーズ」で使用したIBCミキシングコンソールを特徴としていた。

1968年秋、クリフはハッダーズフィールドに拠点を置くマタンプ(創設者マット・マティアスの名に因む社名)に、クリフのデザインによるオレンジ用100W級真空管アンプを発注。アメリカの工場は米国市場向けのスピーカーキャビネットだけを製造し、真空管アンプはイングランド製である。

オレンジアンプは当初ギター用スピーカーキャビネットに合うよう、中/小出力のアンプヘッドであった。最も有名なアンプはOR120で、これは文字のかわりに各コントロールの説明を図案で示していたため、「グラフィック」モデルと呼ばれた。後のOD120にはマスターボリュームを付けた「オーバードライブモデル」もある。多くのアンプはイギリスのメーカー マーシャルやハイワットでの使用で有名な「EL34」真空管を使った出力回路に基づいており、これはアンプヘッドとスピーカーキャビネットの分離した形式で利用可能である。

1970年代、ミキサー部はトランジスタ、パワー部は真空管というハイブリッドPAも製造。近年は、ベースアンプや他のオーディオアンプと同様の、スピーカーとアンプが一体になったコンボアンプも製造している。

1990年代後半から2000年代前半、AD15/12やAD30といった全真空管アンプで大成功を納めた。A級回路で単一スピーカー、15W出力のAD15/12は現在生産されておらず、強く求められている。近年にはAD30を独立2チャンネル化したAD30TCモデルが発売されているが、依然として大きなコントロールノブを持つ、シングルチャンネルのモデルを探し求めるユーザーも多い。

オレンジは2001年にトランジスタ回路のクラッシュシリーズを発表、2004年には新たなロッカーシリーズを発表した。このシリーズは5つの異なるモデルからなる。ロッカー30は増幅管を2本使用したA級回路で伝統的ブリティッシュ・ロックサウンドを実現。1x12サイズのコンボで入手できる唯一のアンプである。ロッカーヴァーブは同様の回路だが、追加のゲイン部を追加し、より今日的サウンドになっている。両方リバーブ付きである。ロッカーヴァーブは50Wヘッド(6V6増幅管x4)と100Wヘッド(EL34増幅管x4だが、6L5や6550に変更可能)が用意されている。2006年、新たな2機種を発表。使いやすさと高音質、低価格で人気を博した、小さく持ち運び可能なタイニー・テラーと、200W(6550増幅管x6)、内蔵アッテネーターを備え、より現代的用途に向けたサンダーヴァーブ200である。後者は50W出力のサンダーヴァーブ50という小型のタイプも用意された。

 
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 
 
 

ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像