Sabian,セイビアンを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。Sabian,セイビアンの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ
Sabian,セイビアンの買取画像

 


モノリサイクル楽器買取専門店 Sabian,セイビアンの買取


セイビアン(英・Sabian)はカナダシンバルメーカー。シンバルの製作においてジルジャンパイステMeinlと並ぶ大手企業である。

 
セイビアンは1981年にカナダ・ニューブランズウィック州にてジルジャン社のトップであるアヴェディス・ジルジャン三世の息子、ロバート・ジルジャンにより設立された。1979年にアヴェディスが没した後、ジルジャン家のルールによりジルジャン社は長男のアーマンド・ジルジャンが継ぐこととなった。しかし、これが後に家庭内の不和につながり、ロバートとアーマンドの間の訴訟に発展した。その結果ロバートはジルジャンを去り、後にライバル会社となるセイビアンを設立した。現在も二社はライバル関係にあり、双方とも世界的なシンバルメーカーである。
調停により、ロバート・ジルジャンはK.ジルジャンシリーズを製造していたカナダの工場を手に入れた。(この頃にはジルジャンのトルコでの製造は終了していた。)アーマンドとロバートの間には、どこでK.ジルジャンシリーズを製造するべきかということに関して大きな論争が起こった。ジルジャン社の社長であるアーマンドはエルビン・ジョーンズやトニー・ウィリアムスの助言もあり、K.ジルジャンシリーズをアメリカで製造するべきだと主張した。
和解案としてロバートはジルジャンという名前を使わない、また、ロバートのシンバルはジルジャンの製品と同じ物であると主張しないということを認めた。ジルジャンとセイビアンの最大の違いとして、ジルジャンがソフトな合金を使う一方、セイビアンはスズの比率が高い合金を使うという者もいるが、これは間違いである。両者のプロ向けのシンバルは銅80%、スズ20%、そして微量の銀を含む全く同じブロンズを用いている。また、両者のシンバルは音で簡単に聞き分けることができるという者もいる。セイビアンはシンバルに厚みがあるので、サステインがジルジャンに比べ長く、ジルジャンはレスポンスがよく、音が全体的に柔らかいというものだ。ただし、このような違いはシンバルのモデルによって異なる[1][2]。
「セイビアン」はロバートの子どもの名前の最初の2文字("Sa"lly、"Bi"ll、"An"dy)の組み合わせである。ロバートはまずHHとAAという2つのモデルのシンバルをリリースした。これらは伝統的なベル・ブロンズ合金製である。現在のセイビアンの社長は末息子であるアンディ・ジルジャンである。
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 
 
 

ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像