Paiste,パイステを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。Paiste,パイステの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ
Paiste,パイステの買取画像

 


モノリサイクル楽器買取専門店 Paiste,パイステの買取


パイステ(PAiSTe)とは、スイスシンバルメーカー。日本では、ジルジャン(Zildjian)、セイビアン(サビアン、SABIAN)と共に、三大有名メーカーと称される。


エストニア出身の両親を持つロシア人のトーマス・パイステ(Toomas Paiste)によって1901年ロシアで創業。1917年にロシア革命の影響でエストニアに移転。トーマスの息子のミヒケル・パイステ(Mihkel Paiste)の代になって1940年に第二次世界大戦が勃発するとポーランドへ再移転。第二次世界大戦が収まった1945年、今度はドイツへ移転。さらに1957年にスイスへ移転し現在のPAiSTe社へ。

2003年からはミヒケルの孫にあたるエリック・パイステ(Erik Paiste)が代表となっている。本社のあるスイス以外にもドイツとアメリカ(1981年 - )にオフィスを展開している。
 
パイステは現在、最高級ラインである「Traditionals」「Dark Energy」から、高級ラインとして認識されプロにも使用者が多い「Signature」、同社で最も著名で愛用される「2002」シリーズ、廉価版ながら評価の高い「Alpha」シリーズなど、豊富な種類のシンバルを販売している。
かつては、スタンブル、スィミルナ、ランバ、フォーミュラ602、サウンドクリエイション、101、404、505、1000、2000、3000、イノヴェーションズ、ディメンジョンズ、カラーシンバル、など非常に様々な個性を持つシリーズが販売されていた。特に、フォーミュラ602とサウンドクリエイションはジャズ系に非常に人気が高く、現在新品はほとんどなく非常に高額で取引されている。(フォーミュラ602は2011年に復刻。)
フォーミュラ602は1960年に、サウンドクリエイションは1970年代、2002は同じく1970年代に発売された。パイステを代表する2002シリーズの名前の由来は、1970年代に「未来的なサウンド」ということから西暦2000年代に通用するサウンドを予測して付けられた。その予想は見事に的中し、2002シリーズは21世紀の現在、世界的に不動の地位を確立したシンバルである。
また「silver mellow」「full crash」「クリスタルクラッシュ」「ノヴォチャイナ」など、他社にないデザインやシンバルの名称も特徴的である。値段は総じて他社より高めに設定されている。
 

 
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 
 
 

ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像