ドラム,Drumを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。ドラム,Drumの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ

楽器買取専門店 ドラムの買取 Drum


ドラムセットは、大小様々なドラムやシンバル等の打楽器を一人の奏者が演奏可能な配置にまとめたもの。通常椅子に腰掛けて演奏する。主にポピュラー音楽で使用される。ドラムキット、ドラムス、ドラムセットの楽器パートや演奏者(ドラマー)を表す言葉としてドラムスとも呼ぶ。略称はDr.、Ds.またはDrums.。
ドラムセットに組み込まれる打楽器類の種類や数は、奏者の好み・音楽的方向性・経済的事情等により多種多様である。
一般的なドラムセット[編集]
ドラムセットの構成
バスドラム(写真内 1)
Bass Drumと表記することから「ベースドラム」「ベードラ」「バスドラ」と呼ぶ場合もある(アメリカなどの英語圏では「ベースドラム」と呼ぶのが一般的)。いわゆる大太鼓。他に「キック」(Kick)と呼ぶこともある。一般的な右利きの場合、奏者の右足側の床に横倒しに設置し、ペダルを踏んで演奏する。
フロアタム(写真内 2)
床に直接置くので「フロア (floor) ・タム」と呼ばれる。右利きの場合、奏者の右側に設置するのが一般的。大口径のタムで代用する場合もある。並び順はタムと同様。
スネアドラム(写真内 3)
奏者の目の前、膝の高さに専用のスタンドで設置する。「サイドドラム」と呼ぶ場合もある。いわゆる小太鼓。スネアサイド(スネアドラムの裏面のヘッド)にスナッピー(スナッピーは日本独自の言い方で、通常はスネアと呼ぶ)と呼ばれるスチールないしブラスなどの金属製の響線が装着されている事が最大の特徴である。胴の深さは一般的に5インチ(約13センチ)前後、口径は14インチ(約36センチ)が主流であるが、胴深6インチ以上のスネアや、胴深3 - 4インチ程度のスネア、口径が13インチ以下のスネアなど多種多様である。薄めのスネアは「ピッコロスネア」とも呼ばれている。
トムトム(写真内 4)
ドラムセットでは「タム」と呼ぶのが一般的。バスドラムやシンバルスタンドに取り付けたホルダーまたは専用のスタンドを使い、バスドラムの上付近に設置する。複数設置する場合は、右利きの場合主に左から右へ小さい順に並べるのが一般的である。口径の異なる2つのタムを設置する右の写真のような構成に限らず、タム1つのみを配した、いわゆる「3点キット」と呼ばれるシンプルな構成がなされることもあり、設置する個数、口径に決まりはない。高橋まこと(元BOØWY)や真矢(LUNA SEA)、テリー・ボジオ、大久保宙のように、タムだけで10個以上を配するセットを組む奏者も存在する。
ハイハットシンバル(写真内 5)
右利きの場合、奏者の左足側、スネアドラムの直近に専用のスタンドで設置する。またワイヤーを使って奏者の右側や自由な位置に設置するリモートハットもある。また、ツー・バス演奏時に左足を使用できない状態で、クローズ音が欲しい場合や、常時ハーフ・オープンの音が欲しい場合に使用するクローズド・ハットといったものもある。左側に設置している場合、腕をクロスさせて右腕で叩く「クロスハンド奏法」が一般的だが、腕をクロスさせずに左腕で叩く「オープンハンド奏法」で叩く奏者も存在する(オープンハンドの項を参照)。
シンバル(写真内 6)
設置にはスタンドを用いる。ライドシンバル(トップシンバルとも)やクラッシュシンバル(サイドシンバル)、エフェクトシンバル(チャイナ、スプラッシュ、ベル、ゴング、カップチャイム、重ねシンバル)などがあり、ライドシンバルはフロアタムの上付近に設置するのが一般的。その他のシンバルの配置は奏者の好みによる。一般的にライドシンバルはリズムをキープする目的で使われ大口径(主に20インチ - 22インチだが、19インチや24インチのものまで存在する)で厚い。クラッシュシンバルは曲中でアクセントを付けるときに使用される。一般的にライドシンバルより小口径(主に16インチ - 18インチだがこちらも14インチや20インチのものもある)で薄い。
ドラムスティック
ドラムは、パフォーマンスの延長として手で叩く場合もあるが、主にスティックといわれる桴(ばち)が用いられる。一般的には、ヒッコリーで出来たものが多く、メイプルやオークで出来たものもある。少数派としてアルミ製、プラスチック製、ファイバー製のものや、内部に発光体を入れたものなども存在する。木製のスティックの先端(チップ)には、木製のものが一般的であるが、ナイロン製のものも各社から販売されている。スティックに似たもので、ブラシや、ロッズと呼ばれる細い棒を束ねたもので演奏する場合もある。より優しい表現が求められた時、ブラシやロッズが用いられることが多い。逆に、より太く重い音を出したい場合、先が球状になったマレットで演奏する場合がある。その場合は、ドラムスキンを破損しないよう、大抵マリンバ用に準じた柔らかいものが用いられる。
シェル(胴)の材質と成型[編集]
ドラムシェルには様々な材質が用いられる。スネア以外のドラム(以下、ここでは簡易的にセットと称する)はウッドが多く用いられるが、スネアドラムはウッドに限らず、金属製のものも愛用者は多い。しかし、なかにはファイバーグラス、アクリル、カーボンなどを使用しているものもある。 セットの主たる材質としてメイプル、バーチが筆頭に上げられる[誰?]が、ビーチ、マホガニーなども使用される。これらは各メーカともに高級機種に用いられるが、安価なものにはフィリピン・マホガニーなどの安価な材質が使用される。また、高級感を出すために化粧板にアッシュ、コルディアといった木目の美しいものを採用する場合もある。ただし、ここで注意すべき点は、同じ名前の材であっても産地によって全く異なることがある。たとえばバーチなどは、高級機種にも安価な機種にも使用されるが、一言で「バーチ」といっても、世界的には約40種類があるといわれ[要出典]、そのうち良質とされるのはごく限られた数種類のものしかない[要出典]、したがって一概に材の名前だけを元に質を判断することは出来ない。
ドラムの特質として、同一メーカによる同一手法を大前提として、異なる材質のものを比較した場合(条件:同じサイズ、同じヘッド、同じプライ数、同じ環境、同じヘッドテンション)には、その音の出方は明らかに違う[要出典]。さらに掘り下げると、製造された環境(温度と湿度)、使用されているパーツ、胴のカラーフィニッシュによっても確実に差が出る[要出典]。 よって、PAに頼らない「生音」を重要視する場合については、材質選びについて特に神経を使う必要がある。 通常、ドラムの成型は、薄い板材に接着剤を塗り熱や圧力を加えて合板を作成、それらに接着剤を付け筒状に成型する手法が多い[要出典]。真円度が最も重要視される[要出典]が[誰?]、各メーカによってその製造方法は異なる。ちなみに4枚の組み合せは4プライ、6枚の組み合せは6プライという事になる。ただし、メーカによって一枚ごとの厚みは異なるので、一概にプライ数では比較できない。また、同じ厚みに成型する場合でも、薄いものを数多く重ねた場合と厚いものを数枚組み合わせた場合では接着剤の量が異なるので、自ずと音にも影響が出る[要出典]。さらにいえば、胴の厚みが増すと音量・音圧が上がる他、「遠鳴り」といって音が遠くに抜けやすくなり、胴が薄くなれば音量・音圧は下がるものの「そば鳴り」といって、ドラマーには心地よいサウンドが得られ、また反応も敏感になる。[要出典]なお、昔[いつ?]の考え方では、胴が薄くなることによって、歪みに対する強度の問題があるとして、胴の上下に補強枠(レインフォースメント)を取り付けることが多くあったものの、一時期は胴を厚くすることが流行し、この手法を用いるメーカが一時期は激減した[要出典]。最近[いつ?]では、この手法を、単にシェルの補強目的ではなく、サウンドに対する影響に期待して採用するメーカーが存在する。 なお、アクリルやファイバーなどの材質については、環境変化の影響が極めて少なく(変化ゼロではない。温度変化には反応を示す)、またその材質の堅さからアタック音が非常に強調される[要出典]ため、ハードロック系のジャンルでは好まれる。しかし、かつて[いつ?]はパール社のファイバー製ドラムがジャズ・ミュージシャンにも根強い人気をもっていた[要出典]ので、一概に材質をもってジャンル分けすることは好ましくない。
2013年4月現在、現存するドラムシェルには、既述したウッド、合成樹脂の他、多種の金属(リン青銅、赤銅、真鍮、鉄、ステンレス・スティール、アルミ、チタン、合金)など様々な素材が用いられ、その形成法も多岐に渡る。一般的にそれぞれに特徴的な音色があるとされるが、他の多くの楽器同様、それのみが楽器から発せられる音質を決定づける要因の全てではない。したがって、ドラムの選択においては、種々の情報を鵜呑みにする事はせず、必ず自分の耳で音色を確認し選択すべきである。
ドラムセットに組み込まれることがあるその他の主な打楽器[編集]
カウベル
バーチャイム(ウィンドチャイム/ラインベル)
トライアングル
タンブリン
トムトム
ゴング(銅鑼)
ベルバー
メタルクラッシュ
ロートクラッシュ
ロートキック
アゴゴ
ロートタム
キャノンタム(オクトバン)
ゴングバス(ゴングドラム)
ティンバレス
ジャンベ
ティンパニ
エレクトリックドラム
ウッドブロック
グラナイトブロック
ボンゴ
コンガ
メロディックタム(エイトタム、ティンプトム)
木魚(テンプルブロック)
チャチャベル
リモートハイハット
リモートバスドラム
 
 
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 

楽器買取専門店ドラム取扱い主要メーカー


Ayotte(カナダ)
Brady(オーストラリア)
Cadeson(台湾)
C&C(アメリカ)
CANOPUS(日本)
Craviotto(アメリカ)
ddrum(アメリカ)
DIXON(台湾)
Dunnett(カナダ)
Drum Workshop(アメリカ)
Fibes(アメリカ)
Gaai(アメリカ)
GRETSCH(アメリカ)
Highleads(日本)
JD (台湾)
Kitano(日本)
Ludwig(アメリカ)
MAPEX(台湾)
NEGI(日本)
NOBLE & COOLEY (アメリカ)
Odery(ブラジル)
Ming (台湾)
Orange County Drum & Percussion(アメリカ)
Pacific(アメリカ)
Pearl(日本)
Pork Pie(アメリカ)
PREMiER(イギリス)
REMO(アメリカ)
RMV(ブラジル)
Rocketshells(アメリカ)
Rogers(アメリカ)
Sakae(日本)
Slingerland(アメリカ)
Solo drum(アメリカ)
Sonor(ドイツ)
SPAWN(アメリカ)
Steve Maxwell Custom Drum(アメリカ)
TAMA(日本)
TAYE(アメリカ)
Trick(アメリカ)
YAMAHA(日本)

ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像