ピアノ,Pianoを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。ピアノ,Pianoの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ

楽器買取専門店 ピアノの買取 Piano


ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。
一般に据え付けて用いる大型の楽器[1]で、現代の標準的なピアノは88鍵を備え、音域が非常に広く、クラシックオーケストラの全音域よりも広い[2]。
汎用性の高い楽器であることから、演奏目的として使われるのはもちろんのこと、音楽教育、作品研究、作曲などにも広く用いられている。そのためピアニストに限らず、他楽器奏者、声楽家、作曲家、指揮者、音楽教育者などにも、演奏技術の習得を求められることが多い。保育士試験、小学校教員採用試験などでも必要とされている。
 
「ピアノ」という名の由来は、イタリア語の「グラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」(gravecembalo col piano e forte)、もしくはそれに類する表現である。
歴史的には「ピアノフォルテ」(pianoforte)や「フォルテピアノ」(fortepiano)と呼ばれ、現代でも略称としては “pf” という表記が用いられている。
現代では、イタリア語・英語・フランス語では “piano” と呼ばれる(伊・英では “pianoforte” も使用)。ドイツ語では「ハンマークラヴィーア」(“Hammerklavier”)がピアノを意味し、より一般的には “Klavier”(鍵盤の意味)と呼ばれるほか、“Flügel”(もともと鳥の翼の意で、グランド・ピアノを指す)も用いられる。ロシア語の正式名称は “фортепиано” (fortepiano) であるが、一般にはグランドピアノを意味する “рояль”(フランス語の “royal”から)や、アップライトピアノを意味する “пианино” (pianino) が用いられることが多い。その他ハンガリー語では “Zongora” と呼ぶ。
20世紀後半以降、あえて「フォルテピアノ」「ハンマークラヴィーア」「ハンマーフリューゲル」などと呼ぶ場合は古楽器、すなわち現代ピアノの標準的な構造が確立される以前の構造を持つ楽器を指す場合が主で、古い時代に作曲された作品を、当時のスタイルで演奏する際に用いられている。これに対して19世紀半ば以降のピアノを区別する必要がある場合には「モダンピアノ」などと呼ぶ。
日本では、戦前の文献では「ピヤノ」と書かれたものが見受けられる。一例として尋常小学校の国語の教科書に「月光の曲」と題されたベートーヴェンの逸話が読み物として掲載されていたことがあるが、このときの文章は「ピヤノ」表記であった[3]。
 
モダンピアノは主に2つのタイプに分かれる。すなわち、グランド・ピアノとアップライト・ピアノである。

グランド・ピアノ[編集]

グランド・ピアノは地面と水平にフレームと弦を配し、弦は奏者の正面方向に張られる。そのため、グランド・ピアノはきわめて大型の楽器となり、充分に共鳴の得られる、天井の高い広い部屋に設置することが理想的である。グランド・ピアノは大きさによっていくつかに分類される。製造者やモデルによって違いはあるが、大まかに言って、「コンサート・グランド」(全長がおおよそ2.2mから3m)、「パーラー・グランド」(おおよそ1.7mから2.2m)、これらよりも小さい「ベビー・グランド」(ものによっては幅よりも全長が短い)に分けられる。ベビー・グランドはゾーマー社が1884年に特許を取得している。
他の条件がすべて同じであれば、長い弦を張った長いピアノの方が響きがよく、弦のインハーモニシティ(英語版)(非調和性)が小さい。インハーモニシティとは、倍音の周波数の、基本周波数の整数倍からの遠さである。短いピアノは、弦が短く、太く、固いため、弦の両端が振動しにくい。この影響は高い倍音に顕著であるため、第2倍音は理論値よりも若干高くなり、第3倍音はもっと高くなる。このようにして、短いピアノではインハーモニシティが大きい。短いピアノではダンパーペダルを踏んだときに共鳴する弦が少ないので、音色が貧弱である。一方、コンサート・グランドでは弦長があるため短いピアノよりも自由に振動でき、倍音が理想に近くなる。
一般的にはフルサイズのコンサート・グランドは大型なだけでなく高価でもあるため、専用ホールなどでの演奏会で用いられ、より小型のグランド・ピアノは学校の体育館・講堂や教室(音楽室)、ホテルなどのロビー、小規模なホール、設置スペースを取れる一部の家庭(ピアノ教室を開いているようなところ)などで用いられる。

アップライト・ピアノ[編集]

アップライト・ピアノは、フレームや弦、響板を鉛直方向に配し、上下に延びるように作られている。グランド・ピアノよりも場所を取らないため、グランド・ピアノを設置するスペースの取れない家庭や、学校の教室などに広く設置されている。
グランド・ピアノでは、ハンマーが反動と重力によって自然な動きで下に落ちるのに対し、アップライトで一般的な前後に動くハンマーでは、反応のよいピアノ・アクションを製造することは難しい。これはハンマーの戻りをバネに依存せざるをえず、経年劣化するためである。またレペティションレバーという、ジャックをハンマーの下に引き戻す機構が、ほとんどのアップライト・ピアノには備わっていないため、連打性能に関しては決定的に劣る。

その他[編集]

トイピアノは19世紀に製造が始まった、元来は玩具用のピアノである。1863年、アンリ・フルノーがピアノ・ロールを用いて自動演奏する自動ピアノを開発した。自動ピアノでは紙製のパンチ・ロールを使って演奏を記録し、気圧装置を使ってこれを再生する。現代の自動ピアノとしてはヤマハのディスクラヴィーアがあり、これはソレノイドとMIDIを使用したものである。近年では通常のピアノを切り替えによって電子ピアノとしても使用できるサイレント・ピアノも登場している。
アーヴィング・バーリンは、1801年にエドワード・ライリーが開発した移調ピアノという特殊なピアノを使用した。これは鍵盤の下に備えられたレバーによって、望みの調に移調できるというものであった。バーリン所蔵ピアノのうちの1台はスミソニアン博物館に収められている。
20世紀現代音楽の楽器として、プリペアド・ピアノがある。プリペアド・ピアノは標準的なグランド・ピアノに演奏前にさまざまな物体を取り付けて音色を変えたり、機構を改造したものである。プリペアド・ピアノのための曲の楽譜には、奏者に対してゴム片や金属片(ねじ・ワッシャーなど)を弦の間に挿入する指示が書かれていたりする。
1980年代以降、サンプリング技術を利用して打鍵にあわせて音を再生する電子ピアノが登場した。上位モデルではペダルや、実際のピアノの感触を再現した鍵盤、多様な音色、およびMIDI端子を備えている。しかし、現在の技術水準ではアコースティックピアノの要である打弦されていない弦の共鳴による響きを完全に再現することは困難であり、物理モデル音源技術などを用いた開発が続けられている。
 
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 

楽器買取専門店ピアノ取扱い主要メーカー


  • スタインウェイ・アンド・サンズ(ハンブルクとニューヨークに製造拠点があり、音色が微妙に違う。)
  • ベーゼンドルファー(92、97鍵仕様の特許あり)
  • ベヒシュタイン(かつてはカポ・ダストロ・バーを採用せずピン板もむき出しであった)
  • ブリュートナー(ハーモニック・ペダルの特許あり。高音部にアリコートと呼ばれる打弦されない第4の弦がはってある。)
  • プレイエル(20世紀初頭にハープシコードの復活に尽力した。)
  • ファツィオリ(第四ペダルの特許あり)
  • シンメル(生産量ドイツ1位)
  • ヤマハ(disklavierの特許あり。生産量世界1位)
  • カワイ(生産量世界2位。ディアパソン、ボストンも生産。ドイツのシンメル社と日本の河合楽器製作所が、本体外枠や脚、蓋など、外から見える大部分が透明なアクリルによってできているクリスタル・ピアノを販売している。)
  • ボストンピアノ(スタインウェイのピアノをカワイでOEM生産)
ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像