バイオリン,ヴァイオリンを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。バイオリン,ヴァイオリンの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ

楽器買取専門店 バイオリン,ヴァイオリンの買取 


ヴァイオリン、またはバイオリンviolin[† 1])は、弦楽器の一種。や指などで振動させることによって音を出す。しばしば「Vn」「Vl」と略記される。歴史的仮名遣では「ヷイオリン」と表記する[1][2]を表す場合は「挺」(ちょう)、「丁」(ちょう)、「本」のいずれかの助数詞を用いる。

 

本体[編集]


全長は約60cm。一般にボディ長で楽器の大小を見る。現代では355mmが平均。オールドは352mm前後が多い。重量は楽器にもよるが、300 - 600g前後である。

材料[編集]


一部の電子ヴァイオリンにはプラスチックも用いられているが、本節では伝統的なヴァイオリンの材料について述べる。

ヴァイオリンに使用される木材は、部位によって異なった樹種が用いられている。表板はスプルース(ドイツトウヒ)、裏と側板・ヘッドなどにはメイプル(イタヤカエデ)が一般に用いられる。指板は通常黒檀が使われる。

湿気による反りなどの不正な歪みを防ぐため、木材は長期間天然乾燥されるが、現在では乾燥釜をつかった強制乾燥による5年から8年もののKD材(Kiln Dry Wood)を使用する場合も多い。

側板・裏板のカエデ材は、通常柾目面が表面に露出するような板取りである。「杢」が出ている材を使用することも多い。

構造[編集]


基本的な構造は右図の通りで、胴体部分はf字孔を開口部とするヘルムホルツ共鳴器を構成している。

表板の裏側ある、力木(バスバー)と呼ばれるスプルース(表板と同じ材)の部品は、表板を補強するとともに低音の響きを強め安定させる役割を果たす。

胴体内には、魂柱(たまばしら、こんちゅう、サウンドポスト)と呼ばれるスプルースの円柱が立てられている。魂柱はコマから表板に乗った振幅を裏板に伝え、両板の振幅を適切に引き出して音色・音量を決定する重要な役割を果たす。

駒・魂柱・ペグ・エンドピン以外の各部位は、膠によって接着される。膠で接着された木材は蒸気を当てることで剥離することができるため、ヴァイオリンは分解修理や部材の交換が可能である。

指板の先には弦の張力を調整する糸巻き(ペグ)がついている。先端の渦巻き(スクロール)は装飾で、一般には音に影響しない部位とされているが、音響のためあえて造形の対称性を損なうよう加工された楽器も多いという[3]。また、この部分に別の彫刻(人、天使、ライオン等の顔)が施される場合もある。

塗装[編集]


塗装には基本的にニスが用いられるが、一部の安価な楽器にはポリウレタンも用いられている。

ニスにはスピリット(アルコール)系とオイル系の二種類がある。塗装の目的は湿気対策および音響上の特性の改善である。
 

 
ヴァイオリンの起源については諸説あるが、はっきりしたことはいまだにわかっていない。そもそもヴァイオリン黎明期である16世紀当時において「ヴァイオリン」や「ヴィオール」という言葉が何を指すのかに関してもあいまいな点がある。
ヴァイオリンが世に登場してきたのは16世紀初頭と考えられている。現存する最古の楽器は16世紀後半のものだが、それ以前にも北イタリアをはじめヨーロッパ各地の絵画や文献でヴァイオリンが描写されている。レオナルド・ダ・ヴィンチの手による、ヴァイオリンに似た楽器の設計図が残存している。現存楽器の最初期の制作者としてはガスパーロ・ディ・ベルトロッティ(通称ガスパーロ・ダ・サロ)、アンドレア・アマティ、ガスパール・ティーフェンブルッカーが有名である。当時は舞踏の伴奏など、世俗音楽用の楽器として考えられていた。
17 - 18世紀にはニコロ・アマティ、ヤコプ・シュタイナー(英語版)、ストラディバリ一族、グァルネリ一族など著名な制作者が続出した。特に卓越していたのがアントニオ・ストラディヴァリとバルトロメオ・ジュゼッペ・グァルネリ・デル・ジェスであり、彼らを超える名器はいまだに生まれていない。
ヴィオール属とはいくつかの相違点が挙げられるが(詳細はヴィオール属の項目を参照)、力学的に改良が施されて音量・音の張りに大きく向上が見られた。音楽文化の中心が宮廷サロンから劇場・ホールに移るにつれ、弦楽器においてこれまでになく大きな響きを持つヴァイオリンはクラシック音楽を形作る中心となっていく。

弓の改良[編集]

弓が現在のような形になったのは本体よりもう少し遅く、18世紀末である。最初は半円形、つまり武器の弓に似た形状であったが、技術的要請から徐々に改良されていった。
逆反りになった現在の弓のスタイルを確立したのは、18世紀フランスのフランソワ・トゥルテ(英語版)(トルテ、タートとも)であると言われる。トゥルテや一時代下ったドミニク・ペカット(英語版)らの作品は、現在ではオールドフレンチボウとして扱われ、その世界的評価額は高額(百万円 - 数千万円)である。
乱獲によるペルナンブコの減少と高騰を受け、代替材料として様々な試みが行われてきたが、近年は人工繊維、とくに弾力性、剛性、湿気への強さなどに優れるカーボン製の弓が台頭著しい[5]。
 
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 

楽器買取専門店ヴァイオリン取扱い主要メーカー


カールヘフナー
1887年創業。南ドイツのバイエルン地方にあるハーゲナウという小さな町にあります.今日までに、初心者用からマイスター作品まで、弦楽器200万本以上を世に送り出しているドイツ最大の弦楽器メーカー。

サンアントニオ
伝統的クレモナ製法によるヴァイオリン。ローコスト&ハイクオリティは、パーツの全てを本場ドイツから輸入し中国の工場で生産することで実現している。
鈴木バイオリン
日本のヴァイオリン・メーカーの草分け。弦楽器製作一筋百年余のノウハウには定評がある。特に学習用バイオリンとして常に安定した品質と人気を持つ。

ピグマリウス 文京楽器が1976年発表したモデル。ストラディバリを徹底的に研究して生まれたピグマリウスは、初心者からプロフェッショナルまで幅広く対応。ジュリアード音楽院時代の五嶋みどりも使用していた。
 

ヤマハ・ブラヴィオール
日本を代表する総合楽器メーカー。2000年よりスタートした、ヤマハのアコースティックバイオリンシリーズは明るい音で、清潔感を漂わせたきれいなヴァイオリンで評判に。

ヨゼフ・ロレンツ ヨゼフ・ロレンツ家はドイツ・シェーンバッハ出身。3世代にわたって優れたヴァイオリンを作り続けている。10数年前に日本に紹介されてから、弦楽器ビギナーから、中・上級者まで人気を得ている。

カルロジョルダーノ
マックコーポレーションのオリジナルブランド。世界数10ヶ国に代理店を持つ。特にエレキバイオリン「Sirenzia」シリーズは海外での評価が高い。中国で製作。
 

ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像