フルートを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。フルートの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ

楽器買取専門店 フルートの買取 


フルート木管楽器の一種で、リードを使わないエアリード(無簧)式の横笛である

今日一般にフルートというと、銀色または金色の金属製の筒に複雑なキー装置を備えた横笛、つまりコンサート・フルートを指すが、古くは広く笛一般を指していた。特にJ.S.バッハなどバロック音楽の時代にあっては、単にフルートというと、現在一般にリコーダーと呼ばれる縦笛を指し、現在のフルートの直接の前身楽器である横笛は、「トラヴェルソ(横向きの)」という修飾語を付けて「フラウト・トラヴェルソ」と呼ばれていた。かつてはもっぱら木で作られていたが、後に出現した金属製が現在では主流となっている。しかし、フルートは唇の振動を用いないエアリード式の楽器なので、金属でできていても木管楽器に分類される[1]。

現代のフルート(モダン・フルート)は、同属楽器と区別する場合、グランド・フルートまたはコンサート・フルートとも呼ばれ、通常C管である。19世紀半ばに、ドイツ人フルート奏者で楽器製作者でもあったテオバルト・ベームにより音響学の理論に基づいて大幅に改良され、正確な半音階と大きな音量、精密な貴金属の管体、優美な外観を持つに至った[3]。このドイツ生まれのフルートは、最初にフランスでその優秀性が認められ[4]、ついには旧式のフルートを世界から駆逐してしまった。今日単にフルートと言った場合は、例外なく「ベーム式フルート」のことである。
フルートはキーを右側にして構え、下顎と左手の人さし指の付け根、右手の親指で支える(三点支持)。両肩を結ぶ線と平行に持つのではなく、右手を左手より下方、前方に伸ばす。奏者は正面ではなくやや左を向き、右に首をかしげて唇を歌口に当てる。
発音にリードを用いないため、ほかの管楽器よりもタンギングの柔軟性は高い。運動性能も管楽器の中では最も高く、かなり急速な楽句を奏することも可能である。音量は小さい方であるが、高音域は倍音が少なく明瞭で澄んだ音なので、オーケストラの中にあっても埋もれることなく聞こえてくる。フルートの音色は鳥の鳴き声を想起させることから、楽曲中で鳥の模倣としても用いられる。有名でわかりやすい例として、サン=サーンスの組曲『動物の謝肉祭』の「大きな鳥籠」、プロコフィエフの交響的物語『ピーターと狼』などが挙げられる。
フルートは主にクラシック音楽の分野で用いられるが、ジャズやロックなど、他の音楽ジャンルで使用されることもある。しかし、ジャズ専門のフルート奏者は少なく、サクソフォーンなどのプレイヤーが持ち替えるか、クラシックとジャズの両方で活動するというケースが多い。

  • 以下において、音名はアメリカ・イギリス式表記(C、C#、B♭等)、オクターヴは国際式表記(中央ハがC4)とし、トーンホールの名称は、そのトーンホールを開けたときに出る基音のドイツ式表記(C、Es、Gis等)で表す。

フルートの発音原理に関しては、大きくわけてふたつの説が存在する[2][9][10]。ひとつ目の説は、唇から出る空気の束(エアビーム)を楽器の吹き込み口の縁(エッジ)に当てることでカルマン渦が発生し、これがエッジトーン(強風のときに電線が鳴るのと同じ現象)を生じて振動源になるというもの。ふたつ目の説は、エアビームの吹き込みによって管の内圧が上昇し、これによってエアビームが押し返されると内圧が低下し、再びエアビームが引き込まれるという反復現象が発生して、これが振動源になるとするものである。このようにして発生した振動に対し、管の内部にある空気の柱(気柱)が共振(共鳴)して音が出る。トーンホールを開閉すると、気柱の有効長が変わるので共振周波数が変化し、音高を変えることができる。
コンサート・フルートの基本的な音域はC4(中央ハ)から3オクターヴ上のC7までであるが、H足部管を用いれば最低音がB3となる。チューニングする(他の楽器とピッチを合わせる)際には、オーケストラではA5を、吹奏楽ではB♭5を用いる。低音域は基音であるが、中音域と高音域は倍音を用いて発生させる。なお、音域に関する呼称は厳密なものではなく、例えばC6を中音域とするか高音域とするかは時と場合に依るし、用語の使用者によっても異なることがある。
最低音からB4までの音域は、低音域あるいは第1オクターヴなどと呼ばれる。音量は小さく、特に最低音に近いいくつかの音は明瞭な発音が難しいが、幅広く柔らかい音色を特徴とする。
C5からB5までの音域は、中音域あるいは第2オクターヴなどと呼ばれる。C#5の音はトーンホールが小さいため響きがあまりよくなく、E5からF#5は音が割れやすいなど難しいところもあるが、表情豊かな音色を持ち、音量の制御も比較的容易である。
C6からC7の音域は、高音域あるいは第3オクターヴなどと呼ばれる。後述のようにキーメカニズムの関係でE6やF#6などの音が出しにくい上、用いる倍音モードが音によって変わるため音色を揃えるのが難しく、運指も不規則で覚えにくいが、明るく輝かしい音色で、音量も比較的大きい。
標準的な運指を用いた場合の倍音モードの概略は下記の通りである。例えばC7はC4の第8倍音であるが、息の圧力で第8倍音を出すことは難しいので、実際はCとGisとF以下のトーンホールを開けてやる(Esは閉じた方が良い[11])ことにより、C5の第4倍音かつG#4の第5倍音かつF4の第6倍音として発生させている。第3倍音、第5倍音、第6倍音によって出す音は、多少なりと平均律からのずれが生ずることなどもあって、高音域の音程はあまり良くない。
フルートは他の管楽器に比べ、使用する材質のバリエーションが幅広い。当然高価な貴金属製になるほど値段も高いが、音質に関する限り、管体の材質によって人間に聴き取れるほどの差異が生ずることはなく、ボール紙で作っても音は変わらないとされている[9][14]。なお、以下に述べるのは管体やキーなどの材質であり、キーメカニズムの芯金やネジ、バネなどには下記と異なる素材も使用される。フェルトやコルクなども部分的に使われている。
洋銀(洋白)フルートの材質として最も多く用いられているのは洋銀である。洋銀製といっても、実際は部品により洋白と白銅が使い分けられており、劣化の抑制と外観の向上を目的として、銀メッキが施されているものが多い。比較的安価で加工しやすく奏した際の反応も良いが、人の汗や摩耗による劣化が早いため、一般的には何十年と愛用するには不向きであるとされている。しかし、フルート界の巨匠モイーズが終生愛用していたフルートは洋銀製であった。素材の品質が良く、十分な手入れがなされれば、洋銀製でも長期間の使用に耐えられる。なお、洋白や白銅は合金成分としてニッケルを含むため、銀メッキされていても稀に金属アレルギーを引き起こすことがあるので、特にアレルギー体質の人は、唇に直に触れる頭部管だけでも銀製の楽器を選択するなどの配慮が望ましい。銀ベーム式フルートの材質として、テオバルト・ベーム自身が最も適していると結論づけたのが銀である。「薄く軽い銀の引き抜き管が、内部の空気柱と共に振動する能力に優れており、木の管より楽に輝かしく大きな音で鳴る」と著書[3]の中で述べているが、科学的根拠が示されているわけではない。銀はいわゆる貴金属の中では最も軽く、加工が容易で、経年による劣化が少なく、木材と違って割れることもない。イオウなどと反応しやすい金属なので、長年使用すると表面に黒色の皮膜を生ずるが、性能への悪影響はなく、研磨すれば除去できる。金フルートには、5金(5K;5カラット)から24金(24K)まで幅広い純度の金が用いられている。金以外の成分の含有率によって色や比重が変化し、吹奏感も変わるが、総じて反応が良く、倍音が多いといった利点があるとされ、「金(のフルート)は遠達性が良い」「遠鳴りする」などと表現されることもある。しかし、上記の通り管体の材質によって音が変わることはなく[9]、利点としては、安定した金属なので長年使用しても美しい外観を損なう事がないということに尽きる。純金に近いものほど高価になる上に、重くなるので演奏には体力が必要になる。銀製のフルートにメッキとして使用されることも多い。白金(プラチナ)白金は密度が高いため非常に重く、これで作られたフルートは激しい吹き込みにも耐えられるとされ、金と並んで「フォルテ側の余裕が大きい」などといわれることがある。しかし、これにも何ら科学的な根拠など存在せず、人間の吹き込む息やフルートの音圧程度なら、密度が低く軽いアルミニウム合金で十分耐えられる。白金は頭部管と本体パイプにのみ用いられ、キー等の細かいパーツの成形は技術的に難しい。極めて高価な上、24金製以上に重いので、演奏には強靭な体力が要求される。銀製フルートに白金メッキを施したモデルもある。木ベーム式のキーメカニズムを持ち、管体のみ木製のフルートは現在も作られており、管体にはグラナディラ、黒檀などが用いられている。音量や音程、運動性などは普通の総金属製モダン・フルートと変わらないが、倍音が少なく、トラヴェルソを想起させる柔らかい音質が特徴といわれる。しかし、タンギングを含むトラヴェルソ特有の演奏テクニックが再現できるわけでもなく、あくまでも「木製のモダン・フルート」に過ぎない。良質の木材でも割れる可能性が完全には排除できないので、メンテナンスには木製トラヴェルソと同様の注意を要する。その他「入門用」などと称して売られている安価なフルートには、黄銅(真鍮)で作られているものもある。ニッケルメッキや銀メッキが施されていて、外観は銀色であるが、ニッケルや黄銅は金属アレルギーのリスクが高いので、注意した方がよい。金と銀の合板(クラッド材)や、ステンレス、タングステン、チタン、アルミニウム合金等、様々な材質によるフルートが試作・商品化されているが、いずれも特段のメリットはなく、一般に普及するには至っていない。プラスチック製のフルートも作られており、金属と違って多少の衝撃が加わっても管体が凹むことがなく、水に濡れても錆びないといった利点はあるが、歴史が浅いため性能・耐久性共に未知数である。
 
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 

楽器買取専門店 フルート取扱い主要メーカー


 

日本

  • アイハラ / Aihara
  • アキヤマ / AKIYAMA FLUTE / アキヤマフルート
  • アルタス / THE Altus FLUTE
  • イワオ / IWAO FLUTE / イワオ楽器製作所
  • カワイ / Kawai Flutes / 株式会社河合楽器製作所
  • コタケ / KOTAKE FLUTE / 小竹管楽器製作所
  • コタト&フクシマ / Kotato&Fukushima Flute / 古田土フルート工房
  • サクライ / SAKURAI FLUTE / 桜井フルート製作所
  • サンキョウ / SANKYO FLUTE / 三響フルート製作所
  • タムラ / Tamura (頭部管のみ)
  • ナツキ / ナツキフルート
  • ノマタ / Nomata / Nomata Flute SA
  • パール / Pearl Flute / パール楽器製造株式会社
  • FMCフルートマスターズ / FMC Flute Masters
  • ヘルナルス / Hernals / オガワ楽器製作所
  • マテキ / MATEKI FLUTE
  • ミヤザワ / The Miyazawa Flute / ミヤザワフルート製造株式会社
  • ムラマツ / The Muramatsu Flute /株式会社村松フルート製作所
  • ヤナギサワ / YANAGISAWA / アトリエ ヤナギサワ
  • ヤマダ / YAMADA / 山田フルート・ピッコロ工房
  • ヤマハ / YAMAHA /ヤマハ株式会社

アメリカ

  • アームストロング / Armstrong
  • アルメーダ / Almeida
  • アリスタ / Arista
  • ウイリアムス / Williams
  • エマーソン / Emerson
  • エマニュエル / Emanuel
  • オルフェウス / Orpheus Musical Instruments
  • ゲマインハート / Gemeinhardt
  • ゴードン / Gordon (頭部管のみ)
  • シェリダン / D.Sheridan (ドイツ、現在はアメリカ)
  • ジョン・ラン / JOHN LUNN FLUTES
  • ストロビンガー / Straubinger Flutes (キー・パッドのメーカーとしても有名)
  • A.セルマー / A.Selmer
  • ソナーレ / Sonare (アメリカ・台湾)
  • トム・グリーン / Tom green
  • トム・レイシー / Tom Lacy
  • ナガハラ / NAGAHARA Flutes
  • パウエル / VERNE Q.POWELL FLUTES
  • バーカート / Burkart-Phelan Inc.
  • ブランネン・ブラザース / Brannen Brothers - Flutemakers Inc.
  • ヘインズ / THE HAYNES FLUTE / Wm.S.HAYNES Co.
  • ランデール / Jonathon A.Landell / Landell Flute
  • ロパティン / Lopatin

イギリス

  • ステファン・ウェッセル / Stephen Wessel
  • ルーダル・カルテ / Rudall & Carte (過去「ルーダル&ローズ」「ルーダル・ローズ&カート」などという名称だった時期もある)
  • ロバート・ビギオ / Robert bigio

オーストリア

  • トマジ / W.Tomasi

オランダ

  • エヴァ・キングマ / Eva Kingma
  • エロイ / Eloy

フィンランド

  • マティット / Matit

フランス

  • パルメノン / Parmenon
  • ビュッフェ・クランポン / Buffet&Crampon
  • フォリジ / S.FAULISI

ドイツ

  • カワイ・メーニッヒ
  • A.R.ハンミッヒ / August Richard Hammig
  • H.ハンミッヒ / Helmuth Hammig
  • J.ハンミッヒ / Johannes Hammig
  • Ph.ハンミッヒ / Philipp Hammig
  • シェリダン / D.Sheridan (現在はアメリカ)
  • フォークト / Horst Voigt
  • ブラウン / Braun
  • マンケ / Mancke (頭部管のみ)
  • メナート / F.Mehnert
  • ラファン / J.R.Lafin (頭部管のみ)
  • ロバーツ / Roberts

台湾

  • アルパイン / Alpine
  • オリエント / ORIENT
  • グロリア / Gloria
  • ゴウ・ブラザース / Guo Brothers
  • A.D.ジェフリー
  • ジュピター / Jupiter Flute
  • スプレンダー
  • ソナーレ / Sonare (アメリカ・台湾)
  • ディメディチ / Dimedici
  • マックストーン / Maxtone (台湾・中国)
  • マルカート / The Marcato Flute

中国

  • ケルントナー / Kaerntner
  • サバレイ / SAVALEY
  • スタッフォード・ウィンド / Stafford Wind
  • セレクション / Selection
  • マックストーン / Maxtone (台湾・中国)
  • J.マイケル / J.Michael
ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像