トランペットを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。トランペットの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ

楽器買取専門店 トランペットの買取 


トランペットは、金管楽器の一種である。略称は「Tp」「Trp」など。
管は全体としては円錐形だが、全長に対して円筒部分の割合が大きく、長円状に巻かれ、その中ほどに3つ(稀に4つ)のピストンまたはロータリー式のバルブを備える[1]。バルブによって管長を変えて音高を変化させる。
様々な調性のものが存在するが、最も一般的なのは変ロ調(B♭管)とハ調(C管)で、ハ調を除き移調楽器である。
 
 

トランペットの種類[編集]
管長による分類[編集]

 
ピッコロ・トランペット。下にあるのは移調用のマウスパイプ
通常のトランペットとポケットトランペット(どちらもB♭管)
 
トランペットはこれまでにほとんどの調子の楽器が製作されてきたが、A管やC管、D管等はオーケストラでよく用いられ、吹奏楽ではB♭管が標準となっている。それよりも短い楽器はショートトランペットと呼ぶことが多いが、第1バルブからベルまでをB♭管に合わせたものはロングモデルとも呼ぶ。
短い方からのC管、B♭管、A管については、ピッコロトランペットと呼ぶが、大抵はオプションパーツの組み合わせで調子が変えられるようになっている。なお、管長が半分なので基音は通常の楽器よりも高いのであるが、高次倍音は出しにくくなるため演奏できる音域が狭くなるので、第4バルブを備えて補うモデルもある。
標準のB♭管の長さのものを二重巻きにして、サイズを小さくしたものをポケットトランペットと呼ぶ。コンパクトで携帯に便利だが、吹奏に多少の抵抗感がある。
長いものは、アルトトランペット(管長2 m前後)やバストランペット(管長3 m)と呼ばれる。

機構による分類[編集]

トランペットはバルブの構造によって分類できる。21世紀に入ってからは、ヤマハ製などの電子式の楽器もある。
 

ピストン・トランペット

ピストンバルブにより管長を変化させる。日本、アメリカ、フランスなどで最も一般的に使用されているトランペット。軽快な音色で、ジャズにはこれが好まれる。
 

ロータリー・トランペット

ロータリーバルブにより管長を変化させる。ドイツ、オーストリア、オランダ、北欧などでよく用いられる。重厚な音色なので、日本やアメリカのオーケストラでも演奏曲目によって用いられることがある。

スライド・トランペット

ソプラノ・トロンボーンと形状が似ており、主に19世紀のイギリスで用いられた。ポルタメントやグリッサンドを効果的に使いたい場合に用いられる。

ダブル・ベル・トランペット

(ツイン・ベル・トランペット)2つ以上の楽器の役割を1つにまとめた楽器を意味する「複合楽器」(duplex)として考案された楽器。トランペット本来のベルと上方に飛び出たベルの2つのベルを持ち、音色より音の方向性を大切にする。異なる種類の弱音器に付け換えることによって音色を瞬時に変化させることもできる。バルブによって音の出るベルを切り替える。ユーフォニアムにもこの例がある。

ナチュラル・トランペット

バルブの機構が1815年頃に発明される以前のトランペットで、円筒形の直管にベル(朝顔)が付いただけのシンプルな楽器である。単なる1本の管なので、基本的には倍音しか出せない。したがって、音階すべてを吹奏できず、主に軍事的な信号楽器として使われた。その歴史は紀元前7世紀のアッシリアやヘブライ語聖書(所謂旧約聖書)、ギリシア、古代ローマまで遡ることができ、今日でもヨーロッパ以外の地域で同族の楽器が使用されている。ヨーロッパにおいてはルネサンスの頃に管を曲げる技術が加わり、持ち運びの容易なS字型のトランペットが現れた。また、スライド・トランペットも開発され教会内で使用された。両端を180度折り曲げ環状にした一般的なナチュラル・トランペットの形状はセバスチアン・フィルディングの『音楽論』(1511年)の挿絵にその初期の姿を見ることができる。その他の形状としては、渦巻き状にしたものやハンドストップ・トランペットのようにベルに手が届くように反り返らせたものなどがある。
 
 
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 

楽器買取専門店 トランペット取扱い主要メーカー


 
日本

  • ヤマハ

アメリカ

  • レイノルド・シルキー
  • Calicchio(カリキオ)
  • KING(キング)
  • Benge(ベンジ)
  • Holton(ホルトン)
  • GETZEN(ゲッツェン)

スペイン

  • Stomvi(ストンビ)

イギリス

  • BESSON(ベッソン)

ドイツ

  • B&S(ビーアンドエス)
  • Monke(モンケ)
  • Berndt C. Meyer(マイヤー)

オーストリア

  • Lechner(レヒナー)

ルクセンブルク

  • BSC(ブラスサウンドクリエーション)

台湾

  • JUPITER(ジュピター)
  • XO(エックスオー)
  • Marcato(マルカート)
ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像