ティンパニを売るならモノリサイクル楽器買取専門店。ティンパニの買取ならお任せ下さい。

楽器買取のタイトルロゴ

楽器買取専門店 ティンパニの買取 


ティンパニイタリア語timpani)は、打楽器の一種。主に銅製であり、半球形の胴体に脚がついた大型の太鼓で、皮が張られた上面を通常2本のマレット(ばち)で叩く。太鼓の一種であるが、通常の太鼓は非整数倍音成分が多く特定の音程を聴き取ることは困難であるのに対し、ティンパニでははっきり音程を聴き取れる点が通常の太鼓と異なる。

中世のアラブの「ナッカーラNaqqara」または英語で「ネーカーNaker(s)」と呼ばれる鍋底状の軍楽太鼓を先祖とする。馬の胴の両脇に取り付ける楽器として発達し、15世紀のヨーロッパでは、トランペットと共に騎馬軍楽隊の楽器編成の中心に位置づけられた。やがて17世紀半ばにはオーケストラに取り入れられた。

古典派までは2台一組で、多くの作曲家は主音と属音を補強するのに用いられた。パーセルは歌劇「妖精の女王」第4幕冒頭にティンパニでメロディを書いているが、これは例外中の例外である。(例示:『打楽器事典』音楽之友社)

ベルリオーズ以降さらに多くのティンパニが用いられるようになり、現代では4台一組で用いられることが多い。

ティンパニは19世紀まで、オーケストラや吹奏楽の中で補助的に活躍することが中心的であったが、20世紀になると協奏曲の主役(ティンパニ協奏曲)として、あるいは室内楽やソロで活躍するようになった。
音程の異なる複数個で使用されることが多く、単体で使われることは稀である。このため通常、複数形のtimpaniと呼称される。ちなみに、単数形はtimpanoとなる。語源はラテン語のtympanumから来ている。このためTympaniと書く楽譜もあるが、現在ではほとんど用いられない。
複数のティンパニを並べて使う時は、それぞれ違う音程にチューニングしたものを用意する。かつては鼓面にネジが6個程度ついていたり、そのネジがチェーンで連動して音程を調節する仕組みだったが、現代のティンパニには大抵ペダルがついており、音程を調節しながら演奏することもできる。比較的編成の大きなオーケストラや吹奏楽で使われることが多い。
4台使用時、楽器は円弧を描くように並べる。「立奏」の場合、円弧の中心の位置に立ち、足を肩幅に開き、手はそのままで腰から上だけを回し、両端2台がちょうど自分がたたく位置にくるようにする。近年では、アマチュア団体においても「座奏」もよく見受けられるが、特に交響曲やオペラなどの長時間演奏に適することと音の安定感、現代曲では多数の音程を必要とするため、音換えが頻繁になるのを合理化するためである。また、奏者の身長にあわせ演奏しやすい高さにできる、つまり打面に対して適切な角度を保てるということから座奏を好む奏者も少なくない。ドイツでは、チェロやコントラバスのように奏者から見て、右に低い音、左に高い音をセットすることが慣例で、アメリカや他のヨーロッパ諸国ではピアノと同様に左に低い音をセットする場合が多い。ドイツ式の利点は、鳴らすのに力が必要な小きいサイズの楽器が左側にくることで、主としてニ長調などの高く張力のある主音を左腕でバランス良く演奏することができる(右利きであることが前提)。
オーケストラにおいて、ティンパニ奏者は通常ティンパニのみを担当し、他の打楽器に持ち替えることは基本的にはない。例外的にR・シュトラウスの「薔薇の騎士」の最後で他の打楽器奏者がみな帰ってしまってティンパニ奏者が一時的にトライアングルを担当する場合がありうる。またバルトークの「ハーリ・ヤーノシュ」では小太鼓も担当することがある。現代音楽でもオーケストラ編成の曲はこれに準ずる用い方が好まれる。一方で、吹奏楽や室内管弦楽や打楽器アンサンブル編成の曲は、ティンパニ奏者が他の打楽器を持ち替え担当することもある。
また、ティンパニは余韻をうまく生かすことも演奏の一つに入る。余韻をとめるには、ティンパニをマレットで打つところを押し付けないで余計な切りの雑音を阻止するために手でそっと軽くなでるようにする(低い音は余韻が長く、高い音はすぐ余韻が消える)。この動作を「マフリング」という。
 

 
※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。
 

楽器買取専門店 ティンパニ主要メーカー


 

    • ギュンター・リンガー(ギア式のドレスデンモデルでは、最高峰と言われる楽器。世界の一流オーケストラで使われている。)
    • コルベルク(南ドイツの打楽器の総合メーカーで、主にギヤ方式だが、どんな注文にも応じている。)
    • ウォルフガング・チュスター(いわゆるウィーン式手締めパウケン。)
    • プレミア(イギリスのメーカーで、クラッチ式。)
    • ラディック(アメリカのメーカーで、バランス・アクションを開発したメーカー。かつてギュンター・リンガーからアポイントメントを受けリンガーティンパニを製造していた。ハンドル式も製造。)
    • アダムス(オランダのメーカーで、最上位機種はクラッチ式とギア式のドレスデンモデル。バランス・アクション、手締めバロックティンパニも製造。)
    • ヤマハ(日本のメーカーで、バランスアクション式、シングルスクリュー式、手締め式、最上位機種はギヤ式とクラッチ式がある。)
    • パール(日本のメーカーで、バランスアクション式、シングルスクリュー式、手締め式がある。)
    • レフィーマ/エーネルト(ドイツのメーカーで、ギヤ方式。バロックティンパニも製造。)
    • ウォルフガング・ハルトケ(ギュンター・リンガーの流れを汲むティンパニを製作。)
    • デルフラー(ギュンター・リンガーの流れを汲むティンパニを製作。)
    • ヴィンケルマン(ギュンター・リンガーの流れを汲むティンパニを製作。)
    • アメリカン・ドラム(ワルター・ライトで有名な、ギア式ティンパニを製造。)
    • ヒンガー・タッチトーン(元メトロポリタン歌劇場ティンパニストが製作した楽器。)
    • ソウル・グッドマン(元ニューヨークフィル首席ティンパニストが製作した楽器。ペダルとチェーンがある。)
    • クリーヴランダー
    • マジェスティック
    • スリンガーランド(現在は製造していない)
    • ニッカン
ギブソン買取へのリンク画像
フェンダー買取へのリンク画像
グレッチ買取へのリンク画像
リッケンバッカー買取へのリンク画像
ESP買取へのリンク画像
オベーション買取へのリンク画像
VOX買取へのリンク画像
エピフォン買取へのリンク画像
グレコ買取へのリンク画像
シェクター買取へのリンク画像
シャーベル買取へのリンク画像
ジャクソン買取へのリンク画像
スクワイア買取へのリンク画像
BCリッチ買取へのリンク画像
アイバニーズ買取へのリンク画像
フェルナンデス買取へのリンク画像
マーティン買取へのリンク画像
ポールリードスミス買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像
ミュージックマン買取へのリンク画像